FC2ブログ
--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015-09-11(Fri)

2015/09/11 開発者ノート「戦闘と経験値、ストーリー調整」

devcatスタッフの아크툴氏のものです

引用:http://heroes.nexon.com/News/devnote/View?postno=234

いつも通り翻訳はやっつけ
こんにちは、아크툴です。
今回のパッチは、経験値報酬調整に基づいて戦闘とストーリーの面でいくつかの改編がありました。
そのため、どのような意図でパッチが行われたか、一つずつ説明します。

■経験値補償調整

1.シーズン1ヒーローモード経験値修正

既存のヒーローモードは難易度に比べて低い報酬だけを持っていました。
経験値もほとんど得ることができない低レベルの戦闘を難しく進行することになるだけであり、
ヒーローモードを楽しむ刺激がされていない余儀なくされた。
ので、ヒーローモードの経験値を競争相手がされている他の戦闘に合わせて調整しました。
つまり、低レベルの戦いである「決戦」をヒーローモードで進行する場合、
他のレベル50戦闘に準ずる経験値を得るということです。
過去の戦闘をヒーローモードに再び戻ってみることの楽しみを見つけてみてください。


2.シーズン1レベル60台レイド経験値修正

タイタン、トールなどレベル60台のレイドはそのレベルの主力コンテンツであるにもかかわらず、
基本経験値が微々たるものでした。
この問題を修正しようと、その戦闘の経験値報酬を上昇させました。
基本的な報酬が上昇しヒーローモードの報酬も上昇したため、
シーズン2に移る時点でも競争力のあるコンテンツに位置づけられるものです。


3.シーズン2一般戦闘経験値修正

シーズン2の一般戦闘はストーリーの戦闘に比べて経験値が低かったので、多くのプレイヤーの方々が
ストーリーの戦闘に集中する現象がありました。
この現象を緩和しようとシーズン2の一般的な戦闘も経験値が調整されました。
今後はストーリー戦闘のみでなく、一般的な戦闘でも
キャラクターの成長に必要な十分な経験を積むことが出来ます。
墓場とか峰とかの事



■戦闘部分の調整

戦闘部分でも多くの修正がありました。
戦闘の部分で最も重要視した部分は、「アクションの楽しさを生かそう」でした。
大きく3つの側面に接近しました。


1.攻防の維持

アクションゲームの真の楽しみは続く攻防の中で繰り広げられるプレイヤーの判断と思います。
しかし、いくつかのボスの場合、高いダウンダメージ数値を持っており、
継続してプレイヤーをダウンさせる場合がありました。
倒れる瞬間攻防の流れは途切れてしまいます。
特にボスのコンボ攻撃がそうであるが、コンボ攻撃の一度だけ当たっても、攻撃の流れが途絶えてしまったら
この後の攻撃は意味がなくなってしまいました。
カダンの4連振りとか、1打目当たったら他全部当たらないという状況でした

この問題を修正しようとボスのダメージとダウンダメージを調整して
1被弾だけでは攻防の流れが途切れないように変更しました。
1被弾では倒れなくなるので被弾数が増える→防御の重要性がより高くなる

2.死角からの攻撃

マビノギ英雄伝は3Dゲームなので、すべての戦況を一目で把握することができません。
死角から飛んでくる攻撃はプレイヤーに判断と操作の余地を与えないので、
アクションの楽しさに大きく貢献していないと思いました。
死角からの攻撃は主に召喚されたモンスターたちによって行われます。
ので、インカラとをはじめとする各種のボスモンスターが追加モンスターを召喚すると
一定時間の間は、召喚をしないように調整しました。
ボスが追加モンスターを召喚すると火力を集中、追加されたモンスターを除 ​​去した後、
ボスとの戦いに続いていくことが重要プレイになることができます。


3.ハイリスク、ハイリターン

一部のボスの場合、とても強力なパターンを持っていました。
たとえば、キエルのラキオラの尾を3回召喚する攻撃があります。
その1打1打の威力も怖いが、キエルにどのようなリスクもないということが何よりも問題でした。
プレイヤーは誰がターゲットになるかどうかわからないのでひたすら回避するしか無いが、
尾の攻撃が終わった後もキエルが攻撃の主導権を握っていました。
攻防の交差がなく、一方的な流れが維持されているものです。
このような問題がないようにボスたちも強力な攻撃を敢行した後、その反動で一定時間
硬直が入るように修正されました。
例に上がったキエルの場合、尻尾3連撃が終わった後反動でダウンするように変更


■ストーリー部分の調整

1.追加ストーリー

シーズン1とシーズン2に追加されたストーリーは、メインストーリーに影響を与えません。
しかし、説明が追加必要と思われる部分とキャラクターに焦点を置きました。
厳粛な英雄の道の中でも泣いて笑って、周辺の友人と喜怒哀楽を一緒にできたらと思います。

2.ストーリー経験値増加

シーズン2のストーリーが、そのレベル帯に合った経験値報酬を与えられます。
高まるレベルに比べてストーリーの報酬水準はこれに達しないという問題点があったが、
今はストーリーが干ばつの中恵みの雨に作用することができるだろうと考えています。


今回の改編に関する話はここまでです。
この際、眠っていた英雄を起こして参照するか、あるいは新しい英雄との出会いをしてみたらどうだろうか考えてみます。
秋に入る頃、風邪に用心してください。開発者ノートを終わります。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。